​外壁塗装

​塗装をする為には塗装前の下準備としっかりとした塗装工程が必要です。特に重要になってくるのは塗装をする前段階の下準備が後々の塗装の仕上がりに大きく影響します。

高圧洗浄 株式会社宮代塗装

​01.高圧洗浄

まず高圧洗浄で外壁のこびりついたコケやカビなどの汚れを丁寧に洗い流します。洗浄が不十分な状態で塗装をすると塗装をした箇所が膨らんでしまい塗装が剥がれてしまう原因になります。

洗浄後の次の工程まで、晴天でしっかりと乾かし汚れが落ちていること・又、破損部などの発見に繋がります。(※住宅の細かい破損は、火災保険に適応され修復出来る可能性があります。その際はしっかりと、ご提案もさせて頂きます。)

下地調整 株式会社宮代塗装

​02.下地調整

下地は、壁のヒビや膨らみ・剥がれ・目地の割れなどの修復・交換を行う作業です。

​建物の劣化を防いだり、不自然な凹凸を埋めるための作業になります。

​03.養生

養生は、お客様の大切なプランターなどの装飾品やお車や自転車・サッシ窓や地面の石など。塗装していない部分をビニールのシートなどで塗料がかからないよう保護するための作業になります。

​”塗装をする部分”と”しない部分”の境界線をはっきりさせることでより美しい仕上がりに魅せることが出来ます。

​04.下塗り

そしていよいよ塗装に入ります。

塗装には、下塗り→中塗り→上塗りの3工程があり、特に下塗りは重要な過程になります。​下塗りは「外壁にしっかりと塗料を接着させる」役割があります。この下塗りに使う塗料選びは重要で、それぞれの下地にあった塗料を使用しなければ、どんなに優れた塗料でも無意味になってしまします。

​05.中塗り

​中塗りの工程になり、ようやくお客様の選ばれた色が外壁に塗られます。この中塗りは次の工程にある上塗りと同じものになります。最初に塗った下塗りを保護し色が入ることにより一層、外観の美しさに磨きをかけます。

​06.上塗り

​そして最後に、上塗り。下塗り→中塗り→”上塗り”のこちらが最後の仕上げの工程になります。この上塗りをすることにより塗料のもつ効能がはっきりと現れます。

 
 
 

各、施工管理の流れをご紹介致します。